負担を軽くして

お腹とハンバーガー

美容外科で行われているダイエット施術の一つ、脂肪吸引には、さまざまな種類があります。ここでは、その種類について説明します。
脂肪吸引の種類には、”ベイザー脂肪吸引”や”ボディジェット”などがあります。
ベイザー脂肪吸引とは超音波を使った方法で、吸引の際、体の内部を傷つけることが少ない点が特徴です。
”ベイザー”とは、ベイザー波といわれる超音波のことで、施術を行う際は脂肪の塊である脂肪層に対し振動を与えます。
振動が与えられた脂肪層は徐々に液状に溶けていきます。脂肪層は筋肉層や真皮などとくっついているため、除去する際に傷つけてしまう可能性があるというリスクがありました。しかし、ベイザー脂肪吸引の場合、脂肪層は液状にするため筋肉層や真皮を傷つける心配もありません。血管や線維組織などにも影響を与えないようにすることができるため、リスクを抑えてダイエットすることができます。
また、上記でも挙げたようにもう一つの方法として”ボディジェット”もあります。
ボディジェットは麻酔薬と止血剤が含まれたジェット水流を使用することが特徴での治療方法です。
先述したベイザー脂肪吸引では脂肪を液状に溶かして吸引することによって体に負担がかからないようにすることが特徴だったのですが、この方法は脂肪層と筋肉層の間にジェット水流による水の層を作ることがポイントです。
水の層を作ることにより、吸引器具が筋肉層に擦れることを防ぐことができるため、他の部位を傷つけずにダイエットすることができます。
美容外科では、このように負担をかけない方法で脂肪吸引を行うことも可能です。
また、美容外科でのダイエットに興味があるとしても、すぐに決断することができないという人もいるでしょう。
その場合、まずはカウンセリングで話を聞いてみるだけでもOKです。
現在はネットで予約ができるようになっている美容外科も多いので、気になる人は一度カウンセリング予約を入れてみることをおすすめします。